トップページ > 人間に水はどこまで必要か?

人間に水はどこまで必要か?

人間の体というものは、通常の体型の成人男性でも、2/3ほどが水で占められているというほどになります。また女性の場合は体脂肪が多いので、その水の割合は多少は少なくなります。

スポーツなどをしなくても、日常生活をしているというだけでも、汗や尿という形で水分を補給するために、1日に2リットル程の水を摂取する必要があります。
しかし2リットルの水を飲むのも結構大変です。そのため、その半分は食事から摂っている形になっています。

水分補給をする必要がある。のどが渇くという状態になるという事は、脱水症状になりかけてしまっているという事を脳が感じている証拠と言えるでしょう。
しかしながら急いで水分を補給したとしても、発汗などですでに失われてしまっている、水分の2/3程度しか補給する事はできないとされています。

関連エントリー
ミネラルウォーターの種類
人間に水はどこまで必要か?
水を飲んでダイエットができる?
ウォーターサーバーにかかる費用
ウォーターサーバーにかかる様々な費用
ウォーターサーバーのメンテナンス
ウォーターサーバーで節約ができる
バナジウムとは?